仕事を続ける?やめる?人生の選択は彼と相談して

女性の場合、結婚が決まっていくつか考えなければならないことの一つに、結婚後仕事を続けるかどうかということがあります。仕事と家庭を両立させて頑張るという選択肢がもし叶うなら良いのですが、結婚する人や同居する家族から「できれば仕事をやめてほしい」と言われている場合や両立に自信がないと言う人は、結婚する人や家族と十分に話し合った上でどうするか決めるのが良いでしょう。自分だけの考えで進めると後々問題が起こることもあります。

結婚して仕事を辞める場合に、一番問題になるのが収入です。もちろん、結婚する相手に十分な収入があれば暮らしてはいけますが、考えるべきことがあります。その一つがおこづかいです。夫の収入から少しはおこづかいももらえるでしょうが、家計をやりくりしなければなないので、自分で自由に使えるお金は激減します。今まで仕事の収入を得て、自由に欲しいものを買っていた生活が、限られたお金の中で洋服や雑貨など自分の買い物をする生活になってしまいます。結婚する人と相談して、家計にどれくらいお金をかけるか、おこづかいはどれくらいもらえるのかを結婚前にはっきりさせておきましょう。おこづかいが足りないと不満に思えば、正規の仕事に就かなくても、アルバイトやパートを週に何度かやっておこづかいにするという考え方もあります。おこづかいのことでストレスがないようにしましょう。

次に心配なのが、貯金です。結婚後は子どもを産んだり、子どもができて新居に移ったり、将来は教育費や二人の老後の暮らしの問題も出てきます。貯金はしっかりしておかなければなりませんが、やはり夫の収入だけでは貯金額も少なくなってしまいます。家計に入れるお金、おこづかいに使うお金、貯蓄するお金と収入の配分を立てましょう。どうしても貯蓄額が増えないようで、子どもを産むことを考えているならば、せめて子どもが生まれる前まで働くことも視野に入れましょう。また、退職する場合、ボーナス時期や退職金の支払い額の変わり目なども考えて辞める時期を決めましょう。結婚したからといってすぐに辞めるのは早計というものです。

子どもを産むかどうかも収入と大きく関わってきます。結婚する相手と自分の考えが大きく異なっていないか、結婚前に話しておきましょう。また相手の家族と同居する場合は、家族の意見もあります。もし産まない選択をするならば、収入は自分たちのためだけに使えますが、子どもを産むとなると、子育てにかけるお金を視野に入れなければなりません。もし、仕事を辞めなければ、職場から出産手当や育児休暇手当がもらえたり、休暇も保障されたりするので、仕事を辞めるにしてもこの手当や休暇の恩恵を受けてから、という考え方も選択の一つです。

最後に、女性の再就職の問題があります。子育てが忙しいので、子どもが成長して手が離れてから仕事に復帰しようと考えると、年齢的に就職が厳しくなります。一旦仕事を辞めても、復帰の意思がある人は、子育てとの両立もあって大変かもしれませんが、早めの復帰をお薦めします。遅くとも30代半ば以前までに復帰した方が、就職率が高いです。30代後半、40代になるとぐっと就職率が下がったり、希望の職種に就けなかったりということが起こってきます。