洋装?和装?個性が活きるウエディングファッション

結婚式での花嫁、花婿の愉しみの一つは、日頃は着られない衣装を身につけられることです。洋装にしようか、和装にしようか、お色直しは?と式場に下見に行くとあれこれ迷ってなかなか決めかねることもあるでしょう。ここでは、結婚式を忘れられない幸せな一日にするためのウエディングファッションについて、その選び方を考えてみましょう。

ウエディングドレスはキリスト教式や人前式で着用されます。予算の面から考えてみましょう。式場などで借りるとウエディングドレスは平均20万円から25万円ぐらい、カラードレスは15万円から20万円ぐらいです。式場への持ち込みの場合は3万円から5万円の持ち込み料がかかります。ヘッドドレス(ティアラ、クラウンなどの髪飾り)、アクセサリー(首飾り、イヤリング)、ベール、グローブ、パ二エ、ブーケ、靴などはセットで3万円から5万円ぐらいでレンタルができます。もし手持ちのもので済ませられるなら、お金の節約になりますが、その場合はドレスの雰囲気に似合うものを揃えたいです。

ドレスを買うとすれば、既成のドレスなら10万円以上、オーダーすれば20万円以上はかかると思ってください。和装の場合のレンタルは、白無垢が15万円から20万円、色内掛けが20万円から30万円、黒引き振袖が15万円から30万円、振袖が7万円から15万円となります。男性のレンタルは5万円から8万円です。

衣装を選ぶ時に考えなければならないのは、花嫁花婿の衣装の兼ね合いです。大切なことは、花婿が花嫁を引き立てるような衣装選びをすることです。色やシルエットなどがバランスよく組み合わせできるようにしてください。また、披露宴の時間によってもドレスアップの仕方が変わります。昼間は、肌の露出を抑えて、光るアクセサリーは控えめにしますが、夜はその逆に少し華やかな装いをして、肌も少しだすようなファッションが良いでしょう。

洋装では、挙式後アフタヌーンドレスかイブニングドレスに着替えるのが一般的です。ブーケは、ドレスの色に合わせて選びます。ブーケの束ねかたに、クラッチ型、キャスケード型、ラウンド型、ボール型がありますので、ドレスのデザインに合わせてください。

和装は、挙式では白無垢、黒引き振袖を、お色直しで色内掛けを選ぶのが一般的です。挙式で和装、披露宴でウエディングドレスという組み合わせを選ぶ人もいます。白無垢を着る場合は、文金高島田のかつらに綿帽子、他の着物の場合は、同じかつらに角隠しとなりますが、最近はかつらを着用しないこともあります。下着や足袋は自前になりますので、忘れないようにしましょう。

男性は、和装の場合は、五つ紋付きの着物に羽織袴となります。洋装では、昼はモーニングコートか、フロックコート、夜は燕尾服(テールコート)かタキシードです。新婦のファッションに合わせるのが基本ですが、例えば、裾が長いドレスを花嫁が来ていれば、男性も上着丈の長いモーニングコート、フロックコート、燕尾服を選びます。