式や披露宴の進行を知っておけば当日も安心

結婚式場やホテルなどで挙式を申し込んだ場合は、式や披露宴の進行については、段取り良く担当の方が進めてくださるので、心配する必要はありません。しかし、式や披露宴の前に、全体の流れをもう一度新郎新婦が把握していたほうが、戸惑いなく式や披露宴に臨むことができます。挙式の形としては、キリスト教式、神前式、仏前式、人前式とあります。それぞれの進行のしかたについて見ていきましょう。

今最も人気がある挙式の形式がキリスト教式です。キリスト教式の場合の流れは以下の通りです。
①牧師と新郎の入場
②新婦の入場(父親とバージンロードを歩いて新郎にバトンタッチする)
③讃美歌斉唱
④牧師による聖書朗読、祈祷、説教⑤結婚誓約、ベールアップ、指輪の交換
⑥牧師による結婚成立宣言、結婚誓約書署名
⑦牧師による祈祷、結婚成立宣言
⑧讃美歌斉唱
⑨祝祷
⑩新郎新婦退場、となります。教会での挙式は牧師が行いますが、ホテルや結婚式場のチャペルでは、牧師に代わる司会者が同様のことを行います。ちなみに教会で式を挙げる場合は「結婚講座」「日曜礼拝」への参加が必須です。教会に問い合わせて、日程の確認等をおこなってください。

神前式の進行は
①新郎新婦入場(参殿)
②修祓(しゅうばつ)の儀:神職が参列者の身を清める。参列者は神前に頭を下げる
③斎主(さいしゅ)一拝:神職に習い、頭を下げる
④祝詞奏上:神への結婚報告
⑤三献(さんこん)の儀(三三九度)
⑥誓詞奏上:誓いの詞を新郎が読み、最後に新郎新婦が名前を添える
⑦指輪交換
⑧玉串奉奠(たまぐしほうてん):玉串を捧げて、二礼二拍手一礼
⑨親族杯の儀
⑩斎主一拝
⑪退場となります。

仏前結婚式は、
①新郎新婦、司婚者入場
②司婚者開式のことば、総礼
③讃仏(司婚者に習い唱和する)
④表白(ひょうびゃく):司婚者が式の趣旨を拝読する
⑤司婚のことば
⑥新郎新婦誓いのことば
⑦念珠授与
⑧新郎新婦献花・献香
⑨婚姻届署名
⑩式杯、讃歌
⑪総礼、司婚者閉式のことば
⑫退場という流れです。

人前結婚式は、形式はきまりはありません。例えばこんな式の流れが考えられます。
①新郎新婦入場
②開式のことば
③新郎新婦誓いのことば
④指輪交換
⑤結婚誓約書(婚姻届)へ署名・捺印
⑥結婚成立宣言
⑦閉式のことば
と非常にシンプルに組み立てられます。親せきや友人に司会を頼んでおくと、スムーズに進行できるでしょう。

披露宴の進行は、
①新郎新婦入場
②開宴の辞
③媒酌人挨拶(媒酌人を立てない場 合には、新郎新婦のウエルカムスピーチ)
④主賓祝辞
⑤乾杯
⑥ウエディングケーキ入刀
⑦食事・歓談
⑧お色直し
⑨キャンドルサービス
⑩スピーチ、祝電披露、余興
⑪花嫁の手紙、両親への花束・記念品贈呈
⑫両家代表挨拶
⑬新郎新婦退場
という運びになります。披露宴の司会は式場に依頼する場合と、親せきや友人に頼む場合がありますが、いずれにしても綿密な打ち合わせをしましょう。友人の場合には一緒に台本を作ってみると間違いがありません。