媒酌人って必要?媒酌人の依頼のしかたを教えて

結婚式には「媒酌人」を依頼することがあります。媒酌人は必ずしも必要ではありませんが、媒酌人をお願いすることになれば、いくつか押さえておきたいポイントがあります。依頼をする媒酌人の方に失礼がないように、そのポイントをここでチェックしておきましょう。

媒酌人とは、結婚式当日の役割として、結婚式と披露宴の間に親族を紹介したり、披露宴のスピーチで新郎新婦を紹介したり、祝杯の発声をお願いする人です。「仲人」として結納のお世話係をお願いすることもあります。最近では「仲人」を立てることは少なくなっていますが、お見合いや結納のお世話は「仲人」が行います。結婚式当日は「仲人」が媒酌人として上記のようなことを行ってもらいます。

媒酌人をどんな人に依頼するかというと、一般的には新郎の勤務先の上司や恩師です。しかし、新婦の上司や恩師に頼んでも問題ありません。新郎新婦がお世話になっている会社や学校の先輩がいれば先輩に頼むのも良いでしょう。新郎新婦が同じ学校の出身であれば、二人の事を良く知っているので、頼みやすく紹介の際もやりやすいでしょう。いずれにしても、新郎新婦が尊敬出来て、親しく長くお付き合いできる方を媒酌人として選んでください。媒酌人をお願いする時期は、大体結婚式の半年前ぐらいです。遅くても3か月前までにはお願いしましょう。式直前の依頼は失礼にあたります。

依頼のしかたですが、新郎新婦が電話や手紙で媒酌人に連絡をします。
職場の上司や先輩の場合は、直接お願いをしてください。媒酌人の方には新郎新婦の紹介をしていただくので、結婚する二人が結婚に至るまでの経緯や忘れられないエピソード、新郎新婦の自己紹介文、を書いて渡しておくと、結婚式のスピーチのときに参考になります。また、結婚式の日程が決まったら、招待状を持って媒酌人を訪ねて、結婚式の打ち合わせや相談などを済ませておきましょう。

媒酌人は必ず式に参加してもらわなければ困るので、媒酌人の方の都合を事前に聞いてから、結婚式と披露宴の日程を決める必要があります。もし予定している結婚式の日程が、媒酌人の出席できない日程であれば、式の日取りを調整するか、媒酌人自体を変えることも考えなければなりません。日程を決める前に必ず媒酌人に打診を済ませましょう。媒酌人がない場合は、司会者や親せき、友人等が代わりに新郎新婦の紹介をします。その場合も当事者と事前にしっかり打ち合わせをしておいてください。

媒酌人を依頼した際は、謝礼が必要です。媒酌人に結納と披露宴のお世話をお願いした際には、15万円から20万円の謝礼と、1万円から2万円のお車代をお渡しします。結納だけでの場合は、5万円から10万円を、披露宴だけの場合は、10万円から20万円です。お車代は。それぞれ1万円から2万円となります。謝礼と一緒に渡してください。謝礼は結納や披露宴の前日、金額を必ずチェックしておき、当日は絶対に渡し忘れないようにしましょう。