結納とは

結納とは、結婚する二人が結納品や結納金を取り交わして、結婚の約束を固める儀式です。最近は結納を行わずに、両家がレストランや料亭などで食事会を開き、その場で婚約指輪など記念の品を取り交わすケースも増えています。また、古くは仲人が両家を2度ずつ訪問して行う結納の形が一般的でしたが、最近では両家が一堂に会して行う形が好まれています。仲人も省略することもあります。

結納は、結婚を約束した女性の家に男性の家から「酒肴(ゆいのもの)」を持っていったことから、その名前がつけられています。結納品の数は奇数がおめでたいとされます。関東では、縁起物を七品、結納金、目録で全部で九品を揃えます。関西では、七品揃えます。目録と熨斗は七品には含めません。指輪と高砂人形を加えて九品とすることもあります。

具体的に結納品をみてみましょう。関東は、目録(結納品名、数を記したもの)、長熨斗(ながのし:アワビを干したもので長寿の象徴)、金包(結納金)、末広(白扇子。無垢・末広がりを表す)、友志良賀(ともしらが:白麻糸)、子生婦(こんぶ:よろこぶ意味と子宝に恵まれるように)、寿留女(するめ:酒肴用および保存食)、松魚節(かつおぶし:酒肴用および保存食)、家内喜多留(やなぎだる:祝い酒の酒樽。現在は現金を包む)を結納品とします。関西では、ここから目録と長熨斗を除きます。

贈られた結納品は、結婚式の日まで床の間などに飾ります。これも関東と関西では違いがあり、関東では一つの飾り台に結納品を載せ、関西では一品ずつ飾り台を用意し、さらに装飾品を添えます。挙式が終わると、使える食品は家庭で使い、他のものは片づけてしまうか、神社へ納めるようにします。目録と受書(受領書)は、関東では両家が準備を、関西では目録は男性側が、受書は女性側が準備します。結納金は、男性側から女性側に贈ります。男性の収入の2,3カ月分が平均ですが、最近は現金ではなくて、指輪を贈るケースもあります。結納返しは女性側が贈るもので、金額は結納金の半額です。関西ではこの結納返しはありません。

正式な結納は、仲人がまず結納品を男性の家で受け取り、女性の家にそれを届けます。女性の家で仲人が結納品を飾り、目録とともに結納品を渡します。次に仲人は女性の家からの結納品と受書を持って男性の家へ行き渡します。再び仲人は女性の家に出向き受書を渡し、結納が整います。

最近主流になっている結納のスタイルでは、両家が一堂に会して上記の手順で結納を行います。仲人を立てない場合は、男性の父親が仲人の代わりを務めます。また、さらに略式で両家の食事会を行う場合は、家族を紹介し合って、婚約の記念の品を交換します。挙式までは、両家が揃うこともなかなかないかもしれないので、今後の結婚準備や披露宴の予定、将来の生活の構想などを話すのも良いでしょう。あまり格式ばらず、和やかな雰囲気で歓談しながら会を進めてください。

1.30代まで彼女ができなかった男が女性にもてるようになった方法を大公開!
年齢=彼女いない暦のぼっち必見!彼女をつくるマル秘テク公開!

2.結婚式費用節約術まとめサイト~ハッピー&クレバーウェデイング
プチプラでも豪華な結婚式ができる方法教えます!

3.意外と簡単!格安!海外挙式~ハッピー海外ウェディング~
憧れの海外での結婚式。不安なこと、何でも解決します。

4.二人暮らし快適生活
末永く幸せでいるために…楽しい二人暮らしのコツが満載です!