新婚生活を快適に過ごすためのインテリアを揃えよう

新婚生活にはさまざまな愉しみがありますが、新居に新しいインテリアを揃えていくのもその一つでしょう。挙式や披露宴の準備で忙しい最中で大変ですが、結婚式の半年前ぐらいまでには新居を探し始めてください。そして、新居を決定するのは大体挙式の3カ月ぐらい前と考えておけばお金の準備も余裕を持ってできるでしょう。

どんなインテリアを買うかは、新居を決定する時期に合わせて検討します。その際には、二人がどんなインテリアを持っているかをすべてチェックしてみましょう。どちらかが持っているインテリアが新居のイメージに合い、置く場所のサイズも問題なく使えるものであれば、新居で使いましょう。結婚には何かとお金がかかるものです。何もかも新しいインテリアを揃えて新生活をスタートしたいと思うところもあるかもしれませんが、持っていて使えるものは使って、極力節約をするようにしましょう。また、いらないインテリアでまだ使えるものは、リサイクルショップ等に引き取ってもらうか、オークション等で売却すると少しは結婚資金の足しになります。

新居の生活を始めるのにかかるお金は100万円ぐらいと言われています。そのうち家具やインテリアにかけるお金は、40万円ぐらいです。もっともこの平均にはこだわらず、二人の収入に合わせて無理なくインテリアを揃えていくのが良いでしょう。新居のスペースに気に行った家具が収まるかまるかどうかもチェックポイントですが、まずはどんな雰囲気の部屋にしたいのかのおおざっぱなイメージを決めましょう。部屋の家具の色はカラフルにするかシックにするか、ナチュラルなテイストにするか、重厚感をもたせるか、など二人の好みを出し合ってみてください。そしてそのイメージに合うインテリアを選んでいけば大きく統一感を失うことはないでしょう。インテリアを揃えるのはお金がかかります。インテリアのイメージを確認しながら揃えていくほうが理想の部屋に近づきます。慌てずに家具を選んで買い足して行きましょう。

インテリアの購入にはネットショップや通販、カタログ販売なども利用できます。安くて使い勝手の良いものもありますが、できればお店に足を運んで、サイズや色合いなどを実際に見て決めるのをお薦めします。ネットやカタログ、映像で見ていても、実際には微妙に色合いが違ったり、質感、使い心地が違ったりして、届けられた後に返品となったり、本当は気に入ってないのに我慢して使ったりということになりがちです。ソファやベッド等は特に座ったり、横になってみたりして使ってみてから決めましょう。

新生活を始めるために購入したものを調べてみると、一番多いのはカーテンです。次に収納ボックス、布団、食器棚、ダイニング家具、AV用品と続いています。必要なものは何かを明確にしましょう。購入の順番ですが、すぐに使うものから揃えましょう。またインテリアは大型のサイズのものを最初に買う方が部屋のレイアウトを決めやすいです。また、一気に家具が新居に届くと荷解きが大変です。整理できる範囲での配送を考えて発注しましょう。