結婚後の家事の分担は?生活構想を彼と話そう

結婚をきっかけとして、女性が仕事を辞めて専業主婦になる場合には、男性よりも女性の方が時間のゆとりがたっぷりできます。そのため、家事は主に女性がすることになるでしょう。しかし、買い物、料理、部屋の掃除、風呂場掃除、洗濯、ゴミ捨てと家事は非常に多岐に渡ります。女性だけにまかせっきりにしないで、何か一つでも男性ができることを行うほうが女性の負担にならないでしょう。例えば、一週間の主な買い物は夫が仕事が休みである週末に妻と一緒にスーパーに行くとか、休みの日の料理、掃除、洗濯は夫がどれかを必ず分担するなど、を考えましょう。男性は日々の仕事で忙しいかもしれません。しかし、男性にも家事ができる時間やできる分野はあるはずです。結婚前に何ができるのか一度二人で話し合ってみましょう。

共働きの場合は、働く時間帯や忙しさの度合いにもよりますが、一方だけが負担にならないように家事を分担するのが理想的です。それぞれの得意分野で家事を分けて担当する方法もあります。料理は苦手だけど、掃除や洗濯はできるとか、料理を作る担当と洗いものの担当に分けるとか、得意な料理があればその料理を担当する日を作るとか、ちょっとしたことでお互いに労働や心理的な負担が軽減されます。もちろんその日によりお互いのスケジュールが違うと思います。基本の分担は決めておいて、臨機応変に家事に対応することも必要です。例えば、朝早く出勤する方が弁当をつめる、夕方早く帰って来た方が炊飯器のスイッチを入れておくなど、ささやかなことですが、時間の節約になります。

決めたから絶対にやらなければならないとなると長続きしないこともあります。時間にゆとりがある方が少し負担を多くするなどお互いを気遣う気持ちが大切です。二人が忙しくて家事でストレスがたまるようであれば、たまには夕食は外食や店屋物にするとか、掃除は週末に二人で協力して行うとか、手抜きすることも必要です。

結婚前にはなかなか出産のことまでは話せないかもしれませんが、新婚生活での家事の分担や、お互いへの配慮があれば子育ても分担して出来るはずです。子どもが生まれるとお母さんは眠る間もないほど育児に追われます。その点を配慮して、少しでも育児の負担が軽減されるように、育児も分担して行いましょう。赤ちゃんの入浴はどちらでもできることですし、ミルクをあげたりおしめかえをしたりなどもお母さんがコツを教えてあげればお父さんでも十分できるはずです。いつもお母さんと赤ちゃんがべったり過ごすのではなくて、休日はお父さんが赤ちゃんを戸外に連れ出してあげるなどの配慮があれば、お母さんがゆっくり休めます。お母さんが休むことで、家事を行うゆとりも生まれてきます。このように、家事だけでなく、育児もできるだけ二人で分担することで、二人の関係はいつまでも新婚生活の当時の温かく思いやりのある関係を継続することができるでしょう。