結婚式の役割分担の依頼と謝礼について知っておこう

結婚式や披露宴を行う時には、結婚式場の方はもちろん、家族や親せき、上司や先輩、友人などいろいろな方に結婚式や披露宴の役割の担当をお願いしなければなりません。どんな役割があり、謝礼はどれくらい必要かを知って、誰に頼むのか、どれくらいお金をかけるべきかをあらかじめ考えましょう。結婚式・披露宴での役割というと、媒酌人、司会、受付、撮影、スピーチ、余興等があります。司会と撮影はプロの方に依頼することもありますが、その他の役割は参列者へお願いしてやってもらうのが一般的です。各担当の依頼のしかたは、まず電話で打診し、招待状を送る時に改めて正式に依頼状を入れます。

媒酌人には、結婚式と披露宴の間に親族を紹介したり、披露宴のスピーチで新郎新婦を紹介したり、祝杯の発声をお願いします。結納のお世話係をお願いすることもあります。以前は謝礼は、正式にお宅に伺って手渡しするのが礼儀でしたが、最近は披露宴が終わってお車代と一緒に謝礼を渡しています。謝礼は、15万円~20万円が相場です。お車代は、1万円~2万円お渡しします。

司会者は、披露宴全体を把握してもらい、披露宴の雰囲気を盛り上げる役割がありますので、非常に重要です。事前に綿密な打ち合わせをして、結婚する二人がどんな雰囲気の披露宴にしたいかをしっかり伝えると共に、盛り込んでもらいたい内容や披露宴に出席するメンバーについて知らせてあげてください。普通は司会者は一人ですが、新郎側、新婦側から一人ずつ選んで担当してもらっても良いでしょう。謝礼については2~3万円です。謝礼は渡さず、ご祝儀をいただかないという形をとることもできます。

受付担当は、結婚式のご祝儀を管理し、参列者に芳名帳への記載をお願いし、席次表を渡す役割があります。新郎側、新婦側から一人ずつ担当することが多いです。友人、同僚、後輩、親せきなどに依頼します。謝礼は5000円ぐらいです。撮影は、ビデオとカメラの撮影がありますので、二人お願いできると安心です。ビデオは式場の方に任せて、写真撮影だけ友人に頼む方法もあります。謝礼は2~3万円です。

スピーチと余興については、新郎側新婦側から主賓を含めて、2~4組依頼すれば良いでしょう。依頼する人に特に謝礼は必要ありません。しかし、後日手紙や新婚旅行のお土産などを送ると心のこもったお礼になります。主賓の方へは、謝礼は渡さず、お車代として交通費をお渡しします。また、遠くから来られた参列者の方にも交通費をお渡しします。金額は、負担額に近い、キリの良い金額にしてください。

式場の司会者、撮影担当、会場担当や、美容、着付けの方には、正式なお支払いとは別に、3千円から1万円の心付けを渡すと良いでしょう。教会、神社での挙式を行う人は、正規の挙式料の支払いの他に、謝礼として1万円から3万円を渡します。その際の封筒の上書きは、教会が「献金」、神社は「初穂料「玉串料」、お寺では、「お布施」です。