結婚式出席者に喜ばれる引き出物はこうして選ぶ

引き出物は、元々招待客への土産の馬を庭に引き出してきたことから”引き出物”と呼ばれるようになったそうです。現在では、結婚式の披露宴と結婚式の2次会に来ていただいた方には引き出物を送ります。いざ選ぶとなると何を送ろうか迷ってしまうものです。引き出物の決め方にはいくつかポイントがあります。

引き出物は予算の範囲内で決めることが大事です。結婚式には他にもいろいろ費用がかかりますので、引き出物だけにお金をかけてはいられないことを頭にいれておきましょう。次に引き出物は持ち帰りが手軽な方が喜ばれます。遠方から来られている方は、できるだけ手荷物の負担にならないものが良いでしょう。荷物になるようでしたら、宅急便のサービスをご案内しましょう。できれば二人の個性が反映されるのが上手な引き出物の選び方ですが、趣味の押しつけや個性的でも使い勝手が悪いものは喜ばれません。その点を留意して選んでください。

引き出物は、通常は記念品とお菓子を準備します。このお菓子のことを「引き菓子」と言います。これにウエディングケーキ等を加えて3品にして割り切れない数にするのが良いとされています。5、7品など奇数の数で揃えるところもあるようです。最近は、カタログの中から選べるギフトが主流になっています。出席者の年齢が幅広い場合や人数が多い場合は、カタログギフトは好きなものを選んでもらえるので便利でしょう。しかし、二人の個性を出したいと言う場合やアトホームな披露宴を演出するには、二人の結婚式ならではの記念の品を選ぶと参列者の心にも残るでしょう。最近は、全員同じものでなく、一人ひとりに合わせて引き出物を変えるケースもあります。一般的には、日頃は自分で買わないようなブランド物の食器や日常雑貨などは幅広い年齢層に喜ばれます。女性には、化粧道具や入浴グッズ等、男性は仕事で使う雑貨等、お子さんがいらっしゃる家庭には、キャラクター入りギフトも良いでしょう。

引き出物にかける予算について把握しておきましょう。記念品は1人3000円から5000円、引き菓子は1人1000円というのが平均価格です。この値段設定に沿って引き出物を選びましょう。もし必要であればお色直しや結婚式最後のお見送りの時に手渡すプチギフトも考えますが、絶対に揃えなくてはいけないものではありません。予算は、1人300円から500円ぐらいです。チョコレート、入浴剤、お茶などが主流で、メッセージ等を添えると心のこもったプチギフトになります。ご夫妻で参列された場合は、1人分の引き出物をお渡しすれば良いことになっています。

引き出物やプチギフト等は、結婚式までにスケジュールを決めて選ぶと良いでしょう。結婚式の3カ月前までには、引き出物、引き菓子、プチギフトともどんなものを選ぶか検討します。2か月前には参列者を数を確認して大体の数を決めます。1か月前には、品物と数を確定して注文しましょう。そして、10日前ぐらいには、式場への搬入を手配し、前日には、品物が確実に式場に届いているかを最終チェックしてください。