結婚式費用はどれくらいかける?無理ない予算で個性的な式を

結婚を決めて、できれば個性的な結婚式を挙げたいけれど、どの程度お金がかかるか不安に思っている人もいるしょう。そんな人のために、結婚式にかかる費用について考えてみます。現在、結婚にかかる費用は450万円ぐらいが平均とされています。その中で結婚式にかけるお金の平均は350万円ぐらいと言われています。そして、この費用は、自分と彼の現在の貯金、式までに貯める予定のお金、式に招待する方からのご祝儀で賄うのが普通です。ですから、まずは、結婚する二人が式に使えるお金の総額がどれくらいかを計算してみてください。ちなみにご祝儀は、親族が6万、上司が3万、同僚友人が2・5万円を目安として計算すると良いでしょう。

結婚式に使うお金の内訳は、挙式料の他、料理、衣装、花代(会場装飾とブーケ)、引き出物、写真&ビデオ撮影代などです。あなたと彼が結婚式で何を大切にしたいかを最初に考えましょう。そうすればおのずと何にお金をかけて、何にお金をかけないかが整理して考えられます。例えば、家族だけでこぢんまり結婚式を行うのか、盛大に大勢の友人知人を呼んで行うのかを決めるだけでも、挙式料の予算が変わってきます。衣装もお色直しが増えればそれだけ衣装代がかさみますし、お花で豪華に会場を装飾したい人はそれなりにお金がかかります。ちなみに招待客に使うお金ですが、料理代と引き出物で平均25000円ぐらいとみてください。これは招待客からいただいたご祝儀から支払ってもまだあまりが出る額です。

式場選びは大切です。式や披露宴を行う場所として、一般的な結婚式場、ホテル、結婚式場・ホテルなどのレストラン、レストラン、公共施設などが挙げられますが、公共施設は他に比べると料金が安くなります。また、式の日程も予算に大きく関わります。例えば、春秋の結婚シーズン、土日祝日、大安の日は挙式料金が割高になります。逆に夏冬、平日、仏滅の日、夕方からの挙式は安くなります。結婚する二人や招待客の都合が合えば、これらの日程を組んで、同じ内容でもお金だけは節約した式を挙げることができます。

他に挙式料を安く上げるには、会費制にする方法やブライダルフェアを狙う方法があります。会費制でしたら、1万5000円程度で済むので、招待客にとっても負担が少なくてすみます。引き出物もお菓子など手軽なものを準備すれば大丈夫です。ブライダルフェアは、模擬挙式や模擬披露宴、式の料理の試食ができたり、ウエディングドレスの試着ができたりとお得なサービスが受けられます。さらに、相談会に参加して、その場で挙式が決まれば割引サービスを受けることができます。

結婚式の予算の立て方としては、最初は低めに設定するほうが良いでしょう。式の相談をしていると、一生に一度のことだからと次々に盛り込みたいものが増えてきて、最初の計画よりもお金がかかるのが普通です。その際も、盛り込む内容がより二人の個性を引き立てるようなところにお金をかけましょう。例えば、お花好きの人は、他の予算を削ってでもお花を豪華にする、などどこかにポイントを置いてみてください。