家族に祝福される結納の進め方

結婚が決まって結納を行うかどうかは、結婚する二人と家族で相談して決めてください。結納は、結納品や結納金を結婚する両家で取り交わし、結婚の約束を家族で確認するものです。昔は男性、女性の両家を交互に訪問して行いましたが、現在は両家が同じ場所に集まり結納を行う形式が増えてきています。結納には、関東式と関西式があります。関東式は、同じ日に両家で結納品や結納金を取り交わします。関西式は、結婚する男性が結納品や結納金を女性に送り、女性は、受書(うけしょ)を男性に渡します。後日女性から贈り物をすることもあります。

結納を行うカップルは年々少なくなっています。結納を行う代わりに、両家の食事会を催すことが一般的になってきています。食事会は高級レストランや料亭などで開きます。その場で、婚約指輪の交換を行うこともあります。食事会の費用は両家で負担します。ただし、女性の両親が遠くに住んでいる場合には、男性が費用を負担することもあります。

食事会は、結婚する男性または、男性の父親が挨拶を行って始めます。引き続いて、結婚する男性、女性がそれぞれ自分の家族を紹介します。その後、婚約記念品を交換します。その後会食・歓談を行い、さいごに男性または、男性の父親がまた挨拶をして食事会をしめくくります。婚約記念品は、男性から婚約指輪が贈られるのが一般的です。その後、女性から、腕時計や洋服など男性が長く使える実用品をお返ししまう。婚約指輪は大体3、40万円ぐらい、女性はその半額ぐらいの記念品を購入します。

正式な結納は、仲人が男性、女性両家を2回ずつ訪問することになっています。その流れを説明しましょう。まず、男性の自宅で男性の結納品を男性の両親が仲人に渡します。仲人を行う夫婦は、結納品を女性のお宅に届けます。女性の自宅に仲人夫婦が結納品を飾り、結納品の目録に女性とその両親が目を通します。女性は結納品の受書と結納品を仲人に渡します。仲人は、受書と結納品を男性宅に持っていき、結納品を飾り受書をわたします。再び女性のお宅に男性の受書を仲人が届けて結納が終わります。

上記のような正式な結納は、現在では少なくなり、略式の結納が増えてきています。略式の場合は、男性と女性の両家が一堂に会して行います。結納の流れを説明しましょう。まず男性側の結納品を仲人が女性側に渡します。次に、女性側が結納品の目録に目を通します。その後、女性側が男性からの結納品の受書と女性側からの結納品を仲人に渡します。仲人はその結納品を男性側に渡し結納が無事に整います。

最近は、結納は略式で行う上に、仲人も頼まない形式も増えています。その際は、仲人の代わりを男性側の父親が行います。女性側は男性側の結納品の目録に目を通し、女性の父親が男性の父親に受書を渡します。女性からの結納品が男性に渡された後、男性の受書を男性の父親が女性の父親に渡して結納が終わります。