準備していれば安心!結婚前に絶対やっておくべきこと

結婚する前に最低これだけ準備しておけば安心!

結婚が決まったら結婚式や新婚旅行、新居の決定など準備すべきことが沢山あります。まずはしなければならないことを整理して、スケジュール帳やメモ帳などに時期ごとに計画を表にまとめて書いてみましょう。そして、その表を見ながらすべきことをチェックしながら着々と進めていくと大切なことを見逃さずに準備ができます。その際に、挙式と披露宴、新婚旅行、新生活の3つのカテゴリに分けて計画を書いていくと分かりやすいです。具体的にすべきことのポイントを挙げてみましょう。挙式では、まずキリスト教式、神前式などの形式を決めて挙式場を決定します。その後ウエディングドレスなどの衣装や披露宴の内容を決めたり、参列者を招待したり、さまざまな役割分担依頼したりします。ブライダルエステの計画も必要であれば入れておきましょう。

新婚旅行は、予算を決めて二人で行き先を選択してください。職場の仕事の関係もありますので、結婚式後すぐにいくのか、しばらくしてから行くのか時期も考えましょう。休暇を取る場合は余裕を持って仕事先に伝えましょう。

新生活の準備は、新居を決めて部屋のインテリアなどを選んでいきますが、二人が仕事をしているなら通勤の便や家族との距離感を考えること、部屋の間取りも必要なものをチェックして満足できる場所に決めましょう。インテリアは部屋のイメージを二人でおおまかに決めて家具を選ぶと間違いがありません。

知らなかった結婚式や披露宴の決まりがこれで分かる!

初めての結婚を経験する時には、今で知らなかった結婚式や披露宴の決まりがたくさんあります。知らないで周りの方に礼儀を欠いたり、家族に心配をかけたりしないようにしっかり確認して臨みましょう。媒酌人の依頼の仕方や媒酌人の役割・謝礼の仕方、結納の行い方、挙式や披露宴の進行、ウエディング衣装の選び方、出席者に喜ばれる引き出物の選び方など、基本的な知識があれば、役割をお願いする方にも式や披露宴の参列者にも気持ちよく二人の結婚にかかわっていただけます。

結婚は結婚する二人にはとても幸せなことなのですが、結婚前にはやらなければならないことが沢山あって、さまざまな不安が生まれてくるるものです。さらに結婚式や披露宴等の準備に時間をとられてあっという間に当日を迎えてしまいます。挙式や披露宴、新婚旅行、新生活についてしっかりと準備をして、結婚する二人、家族と、周囲の皆さんが揃って幸福な一日が過ごせるようにしてください。また幸福な新婚生活のスタートが切れるように用意をしてください。

挙式前日・当日に慌てないための花嫁チェックリスト

結婚式前日・当日に花嫁さんが慌てないために、最終準備チェックリストを作ると良い。当日の謝礼や心付けの金額と渡すタイミングは知っておくべき。挙式・披露宴だけでなく、新婚旅行の準備が必要な人は1週間前には荷物チェックをして忘れ物がないようにしよう。

0

家族に祝福される結納の進め方

結納は結婚する当事者と家族が行うかどうかを相談して決める。新郎新婦の家を仲人が2回ずつ訪問する正式な結納もあるが、今は両家が一堂に会して行うのが主流となっている。

0

一生心に残る新婚旅行の行き先とスケジュール

新婚旅行に出かける前には、準備すべきことを期間ごとに整理して置くと良いでしょう。行き先や期間、スケジュールは二人で相談して決めて、心に残る旅行にしましょう。パスポートの姓名変更手続きや喜ばれるお土産の選択についても知っておきましょう。

0

婚姻&転居したときの届け出は忘れずに!

婚姻&転居の届け出は、いくつかあるので面倒ですが、表などにまとめて、提出を絶対に忘れないようにしましょう。

0
1 / 512345